10月27日の事故後、トンネル掘削工事が停止しているリニア中央新幹線瀬戸トンネルの工事現場=27日午後、中津川市瀬戸

 JR東海は27日、岐阜県中津川市のリニア中央新幹線・瀬戸トンネルの掘削工事で10月に発生した死傷事故の調査結果を明らかにした。現場でイレギュラーな事案が発生し、作業主任者が指示を出す前に作業員が立ち入り禁止エリアに入ったことが原因といい、国の事故防止ガイドラインに違反はしていないが「対応が不十分だった」と結論付けた。

 JR東海によると、トンネル先端部で掘削のための発破作業を行ったが、ダイナマイトにつながる電線が垂れ下がっているのを発見。通常は見られない光景のため、不発を疑った作業主任者が点検しようと土石に登って近づいた。それにつられて作業員4人も近づくと、発破で岩盤が露出した「切羽」から最大で1立方メートルの岩塊が落ちる「肌落ち」が発生。転がる岩塊の下敷きになるなどして作業員2人が死傷した。

 JR東海は事故を受けて、工事を請け負う共同企業体(JV)に当日の状況を確認。技術的なトンネルの掘削工法などに問題はなかったとし、国のガイドラインで禁止されている切羽部分への立ち入りもしていなかった。

 ただ、この現場では発破後の土石が落ちているエリアを立ち入り禁止とし、作業主任者の指示がなければ入れないとしていたが、口頭のみの伝達だった。さらに、肌落ちの危険がある切羽の監視責任者も、作業員が立ち入り禁止エリアに入った時に監視を行っていなかったことも問題視。国のガイドラインと照らし合わせると、作業手順書に細かなルールや対応を明記しておく必要があったとし、JVに対して再発防止策を求めたという。

 JR東海は「監督業務に落ち度はなかったが、何が悪かったかどうしたら防げるか社内でも共有したい」と説明した。調査結果は、27日までに岐阜県と県内の沿線7市町にも報告したという。