一斉にスタートを切る参加者=岐阜市長良福光、長良川公園

 第32回ぎふ元旦マラソン大会が1日朝、岐阜市長良福光の長良川公園を発着点に開かれ、県内外から参加した535人が2022年の走り初めを楽しんだ。

 昨年はコロナ禍で中止となったため、2年ぶりの開催。長良川右岸を金華橋で折り返して4往復する10キロ、2往復する5キロの2部門で行われ、北海道から沖縄県までの6~86歳がエントリーした。

 寅(とら)年にちなんで虎のかぶり物を身に着けた参加者もいるなど、和やかな雰囲気でスタート。参加者は、雪の残る川沿いの景色を楽しみながら思い思いのペースで駆け抜けた。

 大会はNPO法人ぎふ長良川走ろう会(髙橋睦理事長)、岐阜新聞社 岐阜放送が主催、国内外で慈善事業を行う羽島市の国際クラブ(青山るみ、青山英世代表理事)が協賛。10キロは柴橋正直岐阜市長、5キロは同クラブの髙橋雄造専務理事がスターターを務めた。