年末年始を楽しんだ分、気になるのは体についた脂肪。正月太りを打破するため、岐阜市柳津町の女性専用ホットヨガスタジオ「loIve(ロイブ)」岐阜店で、おうちで誰でもできる簡単エクササイズを教えてもらった。最新のプログラムも記者が体験した。

 

 インストラクターのYumenoさんに、レッスンで行われているヨガをベースにした3種類のエクササイズを聞いた。

①またぎエクササイズ

 下半身の筋肉量アップや引き締め、体のゆがみを整える、猫背の改善などに効果があるという。大腰筋はウオーキングやランニングなど足を上げる動作の重要な筋肉で、衰えるとすぐつまずいたり、階段がつらくなったりする。「特に高齢者に鍛えてほしい」とYumenoさん。

②二の腕ねじり

 二の腕のむくみ解消や背中の引き締め、インナーマッスル強化、肩こり解消に。肩甲骨を動かすことで代謝アップや脂肪燃焼効果も。「年齢とともにたるみがちな二の腕が簡単に引き締められます」

③ニートゥーチェスト

 ぽっこりおなか解消やおなか周りの引き締め、腰痛予防に効果あり。腸腰筋が鍛えられて姿勢が良くなり、動作が滑らかになることによって体の負担も軽減。「腰痛持ちの人は姿勢が悪いのはもちろん、デスクワークで腸腰筋が緩んでしまっている場合が多い」

◆やせ体質になれる新プログラム

 続いて、新年にスタートするプログラム「BEAT CORE HIIT」を紹介してもらった。HIITとは高強度インターバルトレーニングのことで、アップテンポな音楽に合わせて体幹トレーニングを高強度に行うことで脂肪を燃焼、レッスン後も脂肪が燃えやすい「やせ体質」を目指せるという。2パート45分間のプログラムで消費カロリーは500キロカロリーにもなる。「普通のプログラムで効果が出なかった人にお勧めです」

 記者が挑戦してみた。パート1は二の腕や体幹を強化するプログラム。「限界突破」と銘打つ通り、運動習慣のほとんどない自分には非常にハード。休憩を取りながら水分補給をするが、20分もたず途中で音を上げた。パート2では下半身を引き締めるという。

 Yumenoさんによるとヨガは腹式呼吸で内臓が活性化されるため、ヨガ直後は栄養の吸収率が増加。例えばラーメンなど高脂肪・高糖質のものを食べてしまうと余計に吸収してしまい、かえって太ってしまう恐れがあるという。ロイブではレッスン後は食事を2時間控えるよう指導。逆にプロテインやサプリを摂取するのは効果的だ。

 Yumenoさんは「ジムで成果が出なかった人でも、ホットヨガだと代謝が上がり効果を感じられるのでは。人の体は3カ月で変わる」と激励。「ヨガは今の自分の体と向き合えるもの。頑張り過ぎなくてもいいので、体を整える大切な時間にしてほしい」と話す。

 ロイブでは負荷の小さいリラックスヨガからダイエットに効果的なヨガまで、多様なプログラムを用意。60分の無料体験レッスンのほか、コロナワクチン接種者にはお得なプランもある。人数制限、検温、マスク着用など感染対策を徹底している。問い合わせはロイブコールセンター、電話0570(666)969。(午前9時~午後6時)