雄物川×県岐阜商=第1セット、ブロックに跳ぶ県岐阜商の(左から)遠藤、村岡、内木=東京体育館

 バレーボールの全日本高校選手権第3日は7日、3回戦と準々決勝が行われ、岐阜県代表で11年連続18度目出場の男子・県岐阜商は3回戦で27年連続27度目出場の雄物川(秋田)に0-2で敗れ、8強進出はならなかった。

 県岐阜商は第1セット、一進一退の攻防が続いたが、終盤に5連続失点して16-25で今大会3試合目で初めてセットを失った。第2セットも立ち上がりからリードを許し、中盤に4連続得点で見せ場をつくったが、連取された。