コンクールで入賞した堀内巴流海君=高山市役所

 小中学生の木工作品の出来栄えを競う全国児童・生徒木工工作コンクールで、岐阜県高山市の国府小5年堀内巴流海(はるみ)君(11)が入賞した。

 「僕の夢 森のツリーハウス」と題した作品を昨年手掛け、林野庁長官賞に輝いた。高い所が好きで、住んでみたいと幼い頃から思っていたのがきっかけ。本でツリーハウスを調べながら、材料集めから制作まで2週間かけ、細かな所にこだわった。

 木の作品を初めて作った堀内君は「大きくなったら作品のようなハウスを造りたい」と話した。

 コンクールは小学校の低中学年と高学年、中学校の3部門あり、9千点ほど寄せられた。入賞した24点のうち、県内では堀内君の他、下呂市と中津川市の生徒2人の作品もある。