岐阜県の中津川と恵那の市境近くにある丘の名前です。大井ダムや恵那峡の北側とみられますが、資料や伝承が乏しく正確な場所は比定できませんでした。

無料クイズで毎日脳トレ!入口はこちら

 「菅丞相」は菅原道真の異称です。道真は没後に怨霊となって京都などに雷雨を引き起こしたとされていますが、当地にはこれになぞらえた雨乞いのしきたりがあり、そこから「菅丞相山」という名前になったとされています。わらで道真の像を作って安置し、祈りを込めていたということです。当地がかつて用水に乏しかったことに背景があるとされています。

 そもそも道真は学問や受験の神としてよく知られています。道真にちなむ地名として広くなじみがあるのは「天神」や「天満」で、県内では加納天満宮がある岐阜市の加納天神町や、飛騨天満宮がある高山市の天満町が有名です。

【答え】かんしょうじょうやま