岐阜新聞社経営企画デジタル戦略室が、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部教授の秋元祥治さん(岐阜市出身)とお届けするトーク番組「やっぱ岐阜やて!」。岐阜市の伊奈波神社界隈は「岐阜町」と呼ばれる歴史あるエリア。ですが、高齢化や人口減少で空き家が増えています。

QUOカード500円分もれなくプレゼント!詳細はこちら

 なんとかしないかん!と取り組んでいるのが不動産業「岐阜まち家守(やもり)」。今回、秋元さんが建物を購入、「家持町人」としてまちづくりに関わることになりました。「家持町人」ってなに? 建物ってどんな建物? 愛称が「ブルーキューブ」? そもそも「岐阜町」ってどんなところ?

 岐阜まち家守副社長で、岐阜を語らせたらこの人!蒲勇介さんと秋元さんの2人が岐阜町をぶらり歩きながら、課題と魅力を語ります。なんかブラ○モリみたいになってまったけど、頼むで聞いたって!

 

 あきもと・しょうじ 1979年生まれ、岐阜市出身。早稲田大学政治経済学部中退。2001年にNPO法人G―net(岐阜市)を設立、地域活性化、中小企業支援に取り組む。2013年に「岡崎ビジネスサポートセンター」(オカビズ)センター長就任(現・チーフコーディネーター)、中小企業支援、売り上げアップをサポートしている。著作に「20代に伝えたい50のこと」(ダイヤモンド社)ほか。

 かば・ゆうすけ NPO法人ORGAN理事長 ファシリテーター/デザイナー/プロデューサー。郡上市に生まれ、岐阜市に育つ。フリーペーパー「ORGAN」の取材中に出会った岐阜の伝統工芸品「水うちわ」の再生をきっかけに、長良川流域のつながりの中にこのエリアのアイデンティティを見出し、流域をつなぐ観光まちづくりに取り組む。

 かばりーにょ・うまだ 1975年生まれ、岐阜市出身。99年に岐阜新聞社入社。経営企画デジタル戦略室長。「カバリーニョ」はポルトガル語で「子馬ちゃん」の意味。