岐阜大がサービス提供を始めたグローカルレッスンの画面=岐阜市柳戸、同大

 岐阜大は、社会人向け教養講座が見放題となるサブスクリプション(定額利用)サービスをオンラインで始めた。「国際」をテーマとした大学教員による講座の動画、有識者による講演のライブ配信を視聴できる。大学教員らの講座の動画を有料で外部配信するサービスは、国公立大では珍しいという。

 サービス名は「グローカルレッスン」。大学の国際化を進める「岐阜大グローカル推進機構」が、海外進出を目指す地域の企業をターゲットに企画した。社会人が学び直す「リカレント教育」の充実も狙った。

 利用者はホームページのトップ画面でメールアドレスを入力し会員登録することで、無料コンテンツを視聴できるようになり、さらに有料会員登録により全てのコンテンツを見られる。

 科目は異文化理解や地域国際化、持続可能な開発目標(SDGs)など。講座動画のほか、海外で活躍する有識者らによる講演のライブ配信も視聴できる。高等教育機関という大学の特性を生かし、対面の講座も受けられる。サイト内のマイページから予約する。対面講座の開催は主に夏、冬など長期休暇中を想定している。

 配信動画本数31件で始めた。月5本程度をアップしていく予定。講演のライブ配信は来年1月までに9件を予定している。担当者は「対面の講座を受講できるところが、民間の動画配信サービスとは違うところ」とアピールする。

 料金は月額2500円、複数のオプションが付く年間契約は5万円。「グローカルレッスン」もしくは「glocal lesson」で検索する。