アベマキと県産のスギを組み合わせたカウンター
アベマキを薄くスライスした「突板」と言われる板材

 セブン工業は、本社のある岐阜県美濃加茂市に多く自生する広葉樹のアベマキと県産スギを組み合わせたカウンターを開発した。建材利用が難しいとされてきたアベマキを里山資源として利用できないかと着目し、2年かけて活用方法を研究した。セブン工業によると、アベマキを使った雑貨はあるが、建材は珍しいという。

 アベマキは主にまきに使われたが、近年は需要が減少し、放置される状態が続いているという。堅さ、重さがあり、小径木なこともあり、建材では利用しにくいという課題があった。セブン工業は、地元の里山林の整備や林業活性化に貢献できないかと考え、アベマキを使った建材の製品化を進めてきた。

 開発したカウンターは、良材部分を結合して薄くスライスしたアベマキの板材を、スギの集成材に貼り合わせて作る。軟らかく傷が付きやすいスギに、堅さを持つアベマキの板材を貼ることで、軽くて傷が付きにくい特長を持たせた。サイズは厚さ24ミリまたは30ミリ、幅100~千ミリ、長さ300~3千ミリ。

 生産に手間がかかり、一般的なカウンター製品に比べて高価格なことから、一般住宅ではなく、県産材の活用が進む公共施設への納品を想定する。担当者は「一般消費者向けに県産材を使った雑貨類を販売する計画がある。今後もアベマキや県産材の活用を続けたい」と話している。