見頃を迎えたラショウモンカズラ=高山市清見町巣野俣

 淡い青紫色の花を咲かせるラショウモンカズラが、岐阜県高山市清見町巣野俣のせせらぎ街道沿いで見頃を迎え、ツーリング客らを楽しませている。

 ラショウモンカズラは、シソ科の多年草。ふっくらした花冠の形が、平安時代の武将渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼女の腕に見えることから名が付いたとされる。

 川上川のほとりや山の斜面などで小さな花が咲き、新緑に彩られた街道を訪れた人が見入っている。

 市清見支所によると、今年は20日ごろに開花した。担当者は「足元に咲く花に気をつけながら、散策を楽しんで」と話している。今月末まで楽しめそう。