見頃を迎えたスイレンの花=加茂郡富加町大山、すいれんの里大山

 岐阜県加茂郡富加町大山の「すいれんの里大山」で、スイレンの花が咲き、来訪者の目を楽しませている。見頃は6月中旬ごろまで。

 地主の関係者が約15年前、山水をせき止めて約100平方メートルの池を作り、スイレン50株を移植したのが始まり。4年前に近くの住民らで結成した「すいれん会」(小池光男会長)に引き継がれ、池の周囲に散策路やあずまや、池の中央にせり出した橋など手作りで整備してきた。

 スイレンの花が開くのは午前中で、今は150株ほどが咲く。カキツバタやキショウブも開花して共演する。

 毎日手入れに来るという会員の織部雅男さん(73)は、「今年は池の2カ所でモリアオガエルの卵も確認した。気持ちの良い場所なので、みんなの憩いの場にしたい」と話した。