初夏の日差しが降り注ぐ県内。今年も〝日本ダービーの日は雨が降らない〟は的中しそうだ=27日、岐阜市内

 日本ダービーの日は雨が降らない-。そんな話を以前、岐阜県中津川市で聞いた。だから「清流木曽川 中津川リレーマラソン大会」は、日本ダービーの日に行うのだ、と。それは本当なのだろうか。過去50年の天気を調べると、雨のダービーは実質1回だけ。本当だった。

 毎年、この時期に日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で開催する日本ダービー(東京優駿(ゆうしゅん))。JRAがウェブで公開している競走成績に、年ごとの天気が記録されている。

 1972~2021年の過去50回分を見ると、72年を除いて5月の最終日曜か6月の第1日曜に開催されており、雨のダービーはなんと72年と2011年のみ。それも72年は例外的に7月開催。通常の時期で見れば、雨はこの半世紀に1回だけだ。ちなみに50回中、晴れが30回、曇りが18回だった。

 では、岐阜県は。気象庁のデータ検索で、日本ダービー開催日の岐阜市の天気をさかのぼる。昼間は「雨時々~」や「雨のち~」といった雨から始まる日は計5日。72年を除いて「~時々雨」などを含めても計14日だった。やはり、降らない。

 そして、今年の日本ダービーは29日。東京の予報は「晴れ時々曇り」。コロナ下で3年ぶりとなる中津川リレーマラソンも29日の開催で、県内は「晴れ時々曇り」の予報。雨の多い今年の5月だが“日本ダービーの日は雨が降らない”は今年も的中しそうだ。