大垣ミナモSC×SGホールディングス=2回表大垣ミナモ2死、先制のソロを放つ伊藤=わかさスタジアム京都

 ソフトボール女子のJDリーグ第9節第2日は5日、わかさスタジアム京都などで交流戦8試合を行い、大垣ミナモSCはSGホールディングス(京都)に、延長九回タイブレークの末5-4で競り勝ち、2連勝。通算7勝9敗で順位は東地区6位。

 大垣ミナモは二回に伊藤梨里花(大光)のソロで先制。その後も加点し3-1にリードを広げるが、先発のエレン・ロバーツ(西濃運輸)が七回につかまり同点に追い付かれた。4-4で迎えた1死二、三塁から始まる延長九回、山口涼香(矢橋ホールディングス)の二ゴロの間に三塁走者がかえって勝ち越し、そのまま逃げ切った。

 望月孝雄監督は「大接戦だった。延長になり先攻は不利だったが、よく耐えた」、山口は「監督からゴロを打てという指示だったので、絶対に決めてやろうと思って打席に入った」とそれぞれコメントした。

 次戦は第9節最終日の6日、同所でトヨタ自動車と対戦する。

 =県関係分
大垣ミナモSC(7勝9敗)
 010100111=5
 000001210=4
SGホールディングス(12勝5敗)

(大)ロバーツ、ハイランド-長井(S)パーナビー-相馬▽本塁打 伊藤(大)▽二塁打 近本(大)