バローホールディングスは、昨年のギフト注文者に送るダイレクトメール(DM)を誤送付し、79人分の個人情報が漏えいしたと発表した。現在、誤送付したDMの回収を進めている。

 同社によると、今月6日、スーパーマーケットの恵那店やルビットタウン中津川店など一部店舗で昨年にギフトを注文した顧客に、夏ギフトのDMを郵送した。その際、本来届ける顧客と同姓同名の別の顧客にDM33通を誤送付した。DMには、顧客が過去にギフトを届けた相手の郵便番号、住所、氏名、電話番号が記載されていたという。DMが届いた顧客からの連絡で誤送付が発覚した。

 夏ギフトを管理するシステムを移行する際のデータ照合、管理者の確認作業の不足が原因。同社は「再発防止に努め、今まで以上の個人情報の保護、情報管理の徹底に努める」としている。問い合わせはお客様相談室、フリーダイヤル(0120)813786。