大垣ミナモSC×太陽誘電=8回表大垣ミナモ2死二、三塁、先制の2点適時打を放つ内田=太田市運動公園野球場

 ソフトボール女子のJDリーグ第11節第1日は18日、群馬県の太田市運動公園野球場などで7試合を行い、大垣ミナモSCは太陽誘電(群馬)に、延長八回タイブレークの末2-0で勝利し、連敗を2で止めた。通算8勝11敗で、順位は東地区6位。

 大垣ミナモは、無死二塁で始まるタイブレークの延長八回、四球などで好機を広げ、2死二、三塁、内田小百合(大垣西濃信用金庫)の2点適時打で先制。先発のエレン・ロバーツ(西濃運輸)が、4安打完封の力投で、勝利に貢献した。

 望月孝雄監督は「エレンの気合のこもったピッチングに尽きる。不振に悩んでいた内田が、よく打ってくれた」、内田は「大垣大会ではチャンスに打てなくて悔しいと思っていた。打って得点したいという強い気持ちで打席に入った」とコメントした。

 次戦は第11節第2日の19日、同球場でNECプラットフォームズ(静岡)と対戦する。