岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


帰宅困難「名古屋→岐阜」歩いてみたら12時間→結論「無謀」リスク多く



 東日本大震災から10年。震災直後、帰宅困難者対策が課題として浮かび上がった。県内から名古屋市へは約4万7千人以上が通勤・通学している。震災で公共交通機関がストップしたらどうなるのか。記者が名古屋市から岐阜市まで実際に歩いてみた。12時間歩いて分かったのは「無謀」だということ。体力の問題だけでなく、災害時の徒歩帰宅には多くのリスクがあった。

約1週間前

 インターネットで検索すると、JR名古屋駅から岐阜新聞社本社(岐阜市今小町)まで最短距離で徒歩で32キロ、6時間48分と出た。「マラソンと比べれば歩けない距離ではない」。そう考え、本社デジタル報道部の40代と30代の男性記者2人が挑戦することにした。

当日

09:07名古屋市のJR名古屋駅桜通口前

20210309134243-f3aac0ac.jpg

岐阜市に向かって歩き出す記者2人=名古屋市中村区、JR名古屋駅前

 快晴だが、ビル風に吹かれて寒い。気温6度。40代記者は「災害に備えていない」との設定で、いつも通りの革靴にスーツ。水や食料は持たない。30代記者は「備えている」設定で、歩きやすい靴、動きやすい服を身に付け、水や食料、ヘルメットを持参した。震災直後は電波が届かないかもしれない。スマートフォンは使用せず、地図の本を持った。本社を目指して出発。

09:40名古屋市西区

20210309145044-5b09856b.jpg

名古屋市の高層ビル群=名古屋市中村区、JR名古屋駅前

 JR名古屋駅を北上。脇には東海道線や名鉄名古屋本線が走る。道路標識に「岐阜」と出ている。愛知と岐阜を結ぶ国道22号「名岐バイパス」に入る。

10:20名古屋市西区

 風は弱まり暖かい。歩き始めて約1時間後に休憩。地図で調べると約3キロしか進んでいない。遅い。ネット通りにいかない。

11:00名古屋市と清須市境の国道22号

20210311104119-d1c501fb.jpg

国道22号「名岐バイパス」を歩く。見上げると名古屋高速=名古屋市西区

 庄内川を渡り清須市へ入る。見上げると名古屋高速が走っている。震災時、何か落ちてくることはないだろうか。車や電車に乗っていると忘れてしまうが、歩いている人間は無防備だ。そういえば名古屋駅周辺の高層ビル群も危険だ。ガラスや看板が落ちてくるかもしれない。

11:08清須市

 歩道がなくなったため国道22号を離れ、住宅地に迷い込む。名鉄犬山線の踏切を渡る。名古屋市や愛知県の地理や道路をあまり知らないことに気付く。学生時代を過ごしたり、働いたりした人なら分かるのかもしれないが、記者2人とも愛知県に住んだことも通ったこともない。たまに名古屋市に行くときは電車に乗る。

11:39清須市

20210309145150-84d712a3.jpg公園で休憩。持参した水を飲む記者。備えていない方は水道水を飲んだ=清須市

 小さな公園で休む。準備している30代記者は持参した水をぐびぐび飲むが、何も持っていない40代記者は公園の水道水を飲む。もし断水していたらどうすればいいのだろう。真夏だったら?

12:20清須市

20210309152152-cd21ce87.jpg

国道22号をひたすら歩く=清須市

 晴れ。無風で暖かい。国道22号を歩く。足に違和感を感じ始める。マスクが息苦しい。

12:55一宮市

 晴れ。暖かいがコートは必要。ようやく休めそうなところを見つけた。歩き始めて4時間弱。足の裏が痛い。一度座ると立ち上がるのに苦労する。ずっと高架の脇を歩き続けている。

14:00名神高速道路一宮インターチェンジ(IC)

20210309145432-13ea2941.jpg

歩道が行き止まり。意外と道に迷う=名神高速道路一宮インターチェンジ付近

 道に迷う。単純に幹線道路沿いを歩けばいいと思っていたが、車道と歩道が分かれ、進む方向が分からなくなってしまう場所が何カ所かある。一宮ICの辺りでは歩道を見失い、大回りをしてしまった。高速道路のICやジャンクションは難所だ。

14:20一宮市

 休憩に適した公園を見つけた。30代記者は「過酷やな」とつぶやき、持参した食料を食べる。用意をしていない40代記者は公園の水道水を飲む。日差しが強い。夏だったら熱中症になっていたかもしれない。今が冬で良かった。

15:15一宮市

 晴れ。気温13度。やや風が出てきた。遠くに金華山と岐阜城が見える。岐阜市に近付いている実感が湧く。

16:00一宮市

20210309145316-c5b58b0e.jpg

国道22号「岐阜15キロ」の標識。「まだ15キロもあるのか」と動揺する=一宮市

 道路標識の「岐阜15キロ」を見て、「こんなに歩いてまだあるのか」と動揺する。ギブアップしたくなるが、意地でも岐阜県には入りたい。岐阜市の岐阜シティ・タワー43が見えてきた。

16:30一宮市

 道端で休む。非常用に持ってきたミカン二つを2人で分ける。同行者がいてよかった。1人だったら途中で諦めている。

17:13一宮市

20210311103803-7220f1e8.jpg

疲れて座り込む記者。地図で県境の木曽川までの距離を調べている=一宮市

 曇ってきた。肌寒い。小石を踏むたび足の裏が痛い。靴底が薄いのか。だが、歩きやすい靴を履いている方の記者も足は痛い。県境の木曽川まではなんとか行こうと励まし合う。実は今回選んだルートは最短ではない。災害時に通れる橋は幹線道路に限られる可能性があると判断。数キロ遠回りする国道22号ルートにしたが、その判断を後悔している。少しでも短い経路にすればよかった。

18:00愛知・岐阜県境

20210309145343-6e020a57.jpg

愛知・岐阜県境の橋を渡る記者。周りは真っ暗だ=新木曽川橋

 県境に架かる新木曽川橋を渡り始める。約600メートルのこの橋を渡れば岐阜県だが、日が暮れてどんどん暗くなる。対岸に岐阜の明かりが浮かぶ。

18:25羽島郡笠松町

20210309150132-e93fdd9b.jpg

名古屋駅から9時間歩いて岐阜県に入った=羽島郡笠松町

 名古屋駅から9時間以上歩いてようやく岐阜県に入った。暗くて小さな段差につまずく。足が疲れて上がらない。

19:04羽島郡岐南町

 国道21号岐南インター交差点の歩道橋を渡る。歩道橋や橋は人が密集しやすい。2018年6月の大阪北部地震では淀川の橋に歩いて帰宅する人が集中した。密集している橋の上にいて余震が来たら、けがをする人が出るかもしれない。実は危ないポイントだ。

19:37岐阜市

20210309145510-743f3aa7.jpg

地下道を歩く記者。この時点で30キロほど歩いている。足下がおぼつかない=岐阜市

 道端に座り込む。歩き始めたときは公園を探して休んでいたが、そんな余裕は2人ともない。足のまめがつぶれたようで痛む。見たらきっと歩けなくなるので見ない。筋肉痛がひどい。

21:04岐阜市

20210311103715-6299ded7.jpg

目的地の本社まで数百メートルの距離で座り込む2人=岐阜市若宮町、粕森公園前

 歩き始めて約12時間。橿森神社前のベンチにへたり込む。目的地の本社まで数百メートル。あと少しだと分かっているが、足が進まない。

21:23岐阜新聞社本社

20210309145239-8120af47.jpg12時間歩き、ついに目的地の岐阜新聞社本社に到着=岐阜市

 12時間16分かかって到着した。34・5キロ、5万4909歩(40代記者)。これまで、こんなに会社へ早く着きたいと思ったことはなかった。30キロがこんなに長いとは想像していなかった。体力、気力ともに使い果たした。

歩いてみて...「やめた方がいい」数えきれないリスク


 災害時、名古屋市から岐阜市まで歩いて帰るのは危険だと実感した。道路沿いの建物が倒壊したら、高速道路から何か落ちてきたら、停電で真っ暗の中、道路が陥没していたら。数え切れないリスクがある。

 体力も課題だ。途中でギブアップしても、災害時に誰が助けてくれるだろう。

 革靴と歩きやすい靴の違いはよく分からなかった。10キロ程度の近場なら効果があるだろうが、2人とも途中から足がひどく痛んだ。ただ、ハイヒールなどを履く人は別の靴を用意すべきだろう。

 少しでも食料はあった方がいい。疲れ切ったとき、何か食べるとわずかながらも力が出た。

 本来、災害時には「むやみに移動を開始しない」ことが鉄則とされる。名古屋市から岐阜市まで歩いて帰ることは可能。だが、やめた方がいい。歩いて帰る、ではなく、歩いて帰らないための備えが必要だ。(デジタル報道部)

落下物や群衆危険「無理に帰らない」備え重要

20210309151439-5618bc6a.jpg 岐阜大学地域減災研究センターの村岡治道特任准教授(防災工学)は「災害時は無理に帰ろうとしないことが大事だ」と指摘する。

 災害時にはさまざまな危険が現れる。「高層ビルからガラスや外壁が落ちてくるかもしれない。どんなに体力があっても、がれきで道路はスムーズに通れる環境ではないかもしれない」と指摘。真夏なら暑さ、夜なら暗闇が障害になる。「どんな事情があっても30キロを歩いて帰るべきではない」という。

 特にパニックになった群衆の危険を強調する。「背の低い人や体力のない人は群衆の中で窒息したり、倒れて踏みつけられたりする恐れがある」。個人がそれぞれ行動すると復旧や救助活動全体を妨げる可能性もある。

 どうすればいいのか。村岡特任准教授は「会社や避難所に待機するための備えをしてほしい」と話す。水や食料、寝袋などを職場などに備えておくことは有効な手段だ。会社や学校も従業員らを待機させるための備えをしておくべきと指摘する。

カテゴリ: 動画




関連記事