岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


ブレンドコーヒー、米粉ドーナツ...高校生こだわりの自信作 関市刃物まつりで販売実習へ



オリジナルのコーヒーとドーナツを商品化した関商工高校総合コースの生徒=関市鋳物師屋、スイーツほまれ
オリジナルのコーヒーとドーナツを商品化した関商工高校総合コースの生徒=関市鋳物師屋、スイーツほまれ

 岐阜県関市桐ケ丘の関商工高校総合ビジネス科総合コースの3年生20人が、地元のコーヒー豆専門店や洋菓子店と連携し、オリジナルのドリップコーヒーと県産米粉ドーナツを開発した。店舗などで販売しているほか、16、17日の刃物まつり期間中は、本町BASE(同市本町)で販売実習に臨む。生徒らは「自信作を味わってほしい」と話している。

 ドーナツは、同市鋳物師屋の「スイーツほまれ」と共同で開発。約20種類の候補の中から、市場調査や試食を重ねた結果、「焼きリンゴ」「紫芋」「くるみ」「メープル」「ずんだ」の5種類を商品化した。

 担当した早川宙伽(ひろか)さん(17)、早川なつみさん(18)は「秋をイメージして商品化した。味には自信がある」と説明。同店の経営者でパティシエの上野亘茂さん(47)は「売れ行きは好調。新しい味に挑戦する生徒の姿勢は見習うものがある」と太鼓判を押す。

 コーヒーは、同市倉知の「開化珈琲」とのコラボレーション商品。昨年開発した「オリジナルブレンド」に加え、高校生でも飲みやすいすっきりした味わいの「さわやかぶれんど」をラインアップに加えた。デザインも自ら手掛け、さわやかぶれんどには三匹の子ブタを描いた。

 担当の小竹菜月さん(17)、堀知亜紀さん(17)は「ブタにちなみ、コーヒーを飲んでトントン拍子で物事が進むようにという思いを込めた。高校生でも飲みやすい味」と話す。

 商品は、スイーツほまれのほか、観光施設「せきてらす」(同市平和通)やわかくさ・プラザ(同市若草通)内のコンビニ兼カフェ「ソルフォーレ」で販売。コーヒーは開化珈琲と本町BASEでも取り扱っている。価格は、ドーナツ5種セット1200円、コーヒー5袋650円。コーヒーとドーナツのセットやばら売りもしている。

カテゴリ: グルメ 教育