大輪の花を咲かせたヒマワリ=下呂市野尻

 岐阜県下呂市野尻の休耕田を活用したヒマワリ畑でヒマワリが見頃を迎え、黄色い大輪が地域住民らの目を楽しませている。

 ヒマワリは、熊﨑明博さん(70)ら十数人の地域住民らによるグループが、国の中山間地域等直接支払制度の交付金を受け、2011年から景観作物植え付け事業として行っている。

 地域を流れる般若谷沿いの約180平方メートルに、約300本のヒマワリが咲く。7月11日に種をまき、8月下旬から満開を迎えた。

 熊﨑さんは「農作業が一段落する時期に種を植えており、この時期に咲く。今週いっぱいは見頃が続くのでは」と話す。