岐阜県羽島市は19日、市内の民間医療機関で、日本脳炎ワクチンを接種するために来院した市内の男児(5)に、誤って成人向けの新型コロナウイルスワクチンを接種するミスがあったと発表した。男児の健康状態に異常はないとしている。

 市によると、18日夕、男児は保護者と一緒に来院。看護師が日本脳炎ワクチンの予診票を確認し、診察室に入れた。医師はコロナワクチンの接種と思い込み、男児に12歳以上用のワクチンを接種。看護師が誤接種に気付いて指摘したが、医師は日本脳炎ワクチンも続けて接種した。市は医師について「最初の誤接種で、気が動転していた可能性がある」としている。

 厚生労働省は、コロナワクチンと他のワクチンを同時に接種することを認めていない。男児らが帰った後、医師は保護者に連絡し、再度来院した男児と保護者に市職員と共に説明し、謝罪した。市は、市医師会や関係機関に注意喚起する文書を出す。