ごみをためる貯留ピットを見学する木田小の児童=岐阜市木田、市リサイクルセンター

 木田小学校(岐阜市木田)の2、3年生約40人は6日、4月に稼働を始めた地元の市リサイクルセンター(同所)を見学した。ごみがリサイクルされる工程を学び、循環型社会に向けて環境意識を高めた。

 リサイクルやごみを減らす取り組みを学ぼうと実施。子どもたちは、プラスチック製容器・包装類とペットボトルを別々にためておく「貯留ピット」や、ベルトコンベヤーで運ばれてくるごみの中から、汚れなどでリサイクルできないものを手作業で取り除く「手選別室」を見て回ったほか、ごみ出しのルールやリサイクルの仕組みをパネルやモニターで学んだ。

 「貯留ピット」では、巨大なクレーンが約300キロのごみをつかみ上げる場面を目の当たりにし、「ゲームみたい」「すごい」と声を上げた。3年の児童(8)は「ごみは捨てられても再利用できると分かった。これからごみの分別に気を付ける」と話した。