地下に張り巡らされた亜炭鉱。人の背丈を超す高さの空間が延々と広がり、至る所にぼた山が積み上がっていた(魚眼レンズで撮影)
「残柱」と呼ばれる、天盤を支える柱。風化や浸食で崩れ、くびれている
空洞を埋める充塡(じゅうてん)剤を注入した箇所。対策工事では地上から充塡剤を流し込み、陥没を防ぐ
名鉄御嵩口駅に残る、亜炭を貨車に積み込んでいたプラットホーム。長大で、産地としての規模の大きさを物語る=いずれも可児郡御嵩町

 懐中電灯がぬれた黒褐色の壁を怪しく照らした。天盤から染み出した水でぬかるむ地面。この水が支持層を浸食し、陥没や地盤沈下を引き起こす。記者が入った調査口も、坑道を支える残柱が崩れてくびれていた。今、地震が起きたら-。坑内のひんやりとした空気を頬に感じた。

 南海トラフ巨大地震に備え、可児郡御嵩町は亜炭鉱を埋める対策事業を進める。ただ、調査でも空洞の場所や規模は完璧に把握できない。掘れば掘るだけ金に換わった時代。人々が野放図に延ばした坑道は、地下に茫洋(ぼうよう)とした闇を作り出した。

 予算の都合上、対策事業は2024年度内に終える必要がある。町亜炭鉱廃坑対策室の早川均室長は「時間との闘い」と着工を急ぐ。

 坑道を出ると、むせ返るような草の匂いがした。のどかな風景の下には、これからも向き合わなければならない過去が潜んでいた。

◆memo

 石炭より質が劣る化石燃料「亜炭」を掘削した鉱山。御嵩町は地中浅くに亜炭層があり、明治期より尾張地方と並ぶ一大産地に。戦中は航空燃料に用いられた。重油燃料に押され、1967年に町内全てが閉山。坑道は空洞で残り、陥没などを起こしている。