岐阜県は8日夜、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の国内4例目の感染者と同じ飛行機に乗っていた濃厚接触者のうち1人が県内在住者と発表した。入国時の検査では陰性だったという。

 県によると、4日に成田空港に到着した飛行機で入国し、5日に県内の自宅に車で帰宅していた。8日夜に本人に連絡したところ、「昨日から少し体調が良くない」と話しており、県の検査結果が判明するまで県内の医療機関で待機するという。