雪の中を走る東海道新幹線=2月、岐阜県関ケ原町野上
降雪情報装置

 岐阜県内を走る東海道新幹線。豪雪地帯の不破郡関ケ原町付近は冬の難所として知られる。本紙では2月、なぜ関ケ原で雪が降るのか気象のメカニズムを紹介したが、今回は「なぜ雪が降ると東海道新幹線は速度を落として運転するのか」。実は意外な理由があった。雪の多かったこの冬の振り返りとして、新幹線の運行をつかさどる「指令員」の任務に迫った。

 東京と大阪をつなぐ東海道新幹線。温暖な太平洋側を走るが、実は豪雪地帯も通過する。東京と大阪は晴れていても、関ケ原付近では雪国のような景色が車窓に広がることも。

 雪が降ると、東海道新幹線は速度を落とす。JR東海の新幹線鉄道事業本部、山内勝也・輸送課指令担当課長が、その理由を説明する。「線路に雪が積もっていると、走行中に雪を巻き上げて車体に雪が付着してしまう。その雪が塊になって走行中に落下すると線路のバラスト(砕石)が飛散して、車両の床下機器を壊す恐れがある。それを防ぐため、速度を落として運転している」

 雪対策は、岐阜羽島―京都間で重点的に行われている。「特に関ケ原付近は雪が多く、難しい区間」と山内氏。除雪車を走らせて線路に積もった雪を除去する部門もあるが、雪の日の運転速度は、東京にある総合指令所で指令員が判断して決める。「雪が降っているか、線路内にどのくらい雪が積もっているか、どのような雪質か」。雪の状態を確認し、車体に雪が付着しない速度で運転する。最高時速285キロの新幹線を70キロまで落として運転することもあるという。

 雪の状態は、さまざまな手段で確認している。例えば、岐阜羽島―京都間には降雪の有無や雪質、気温を測る「降雪情報装置」が12カ所に置かれているが、運転士も目視で確認。駅停車時に「何キロ地点ではバラストが見えなくなるぐらい雪が積もっている」といった詳細な情報を指令員に無線で報告している。

 また関ケ原付近では、線路にスプリンクラーを設置。水分の少ない雪の方が車体に付着しやすいためで、散水して線路の雪を湿らせる。そして、車体に付いた雪を車上カメラや線路上のカメラで確認。それらの着雪状況も踏まえて運転速度を決めるという。

 豪雪地帯の関ケ原付近を通らなければ必要ない対策かもしれない。ただ、1964年に開通以来、ここを通ることで雪対策のノウハウが蓄積されてきた。休暇中の旅先に関ケ原付近を選び、この地の地形を自らの目で確かめたこともあったという山内氏。雪は天候の変化が予想しづらく対応が難しいが、日本の大動脈の輸送を担うJR東海。「新幹線の安全運行のため、雪対策の技術開発や研究をこれからも続けていく」と力を込める。