大雨が増える時期を前に、羽島市の長良川下流域で約240人が参加する水防訓練があった。草木や土砂を使って堤防を守る10項目の工法を実践。水防団員が手分けして水害に備えた。