自転車飛び出しドキッ 可児高生、自動車学校で講習

2019年06月13日 17:40

 可児高校(岐阜県可児市坂戸)の1年生が、ドライバーの視点で危険な自転車運転について学ぶ交通安全講習が、同市久々利の可児自動車学校で開かれた。生徒たちは指導員が運転する教習車の助手席や後部席に乗り、教習コース内を走りながら車から自転車の飛び出しがどのように見えるかなどを体感して学んでいた。

 登下校時の交通安全意識の向上や知識を学んでもらうため、同自動車学校の協力で毎年行っている。約270人の生徒が参加した。

 教習コースでは、指導員が駐車中の車の陰から飛び出したり、交差点を右折する車の前に自転車で飛び出したり、実際に交通事故が起こる状況を再現。同乗していた生徒たちは、急ブレーキで衝突を回避すると声を上げて驚いていた。

 また、可児署員による講話もあり、交通事故の動向や運転マナー、車と自転車の事故の原因などを解説。薄暮や夜間では車から自転車や歩行者が見えにくいことを説明し、「ドライバーが自分の存在を気が付いていると思い込まないこと」と注意点を話していた。

続きを読む