楽笑 棋士・高田明浩の歩み

笑顔絶やさず元気担当
「元気担当」。私たち夫婦は、当時2歳の息子をそんなふうに話していました。しかし息子は、実際には病弱でした。度々繰り返す発熱、入院、点滴、血液検査。腎臓の検査の後、病院の先生から「子どものうちに人...
ページのトップへ戻る