身にあまるものたちへ

つつんで、ひらいて、だきしめて
歌集「くびすじの欠片」「夏にふれる」「かなしき玩具譚」の装丁をしてくださった菊地信義さんが3月末に亡くなった事(こと)をつい先日知った。菊地さんは日本で随一と言われる装丁家であり、近年は彼の仕事...
ページのトップへ戻る